最初から最後まで一定のペースで山登りができるようにするために必要なこと

最初から最後まで一定のペースで山登りができるようにするために必要なこと

 

山登りで大切なのは「歩き方」です。
最初に飛ばしてしまうと後で疲れてしまうので、
一定のペースで歩くようにすることが歩き方の基本と言えます。

 

山での歩き方の基本姿勢は頭から背中にかけてまっすぐになることです。
急な箇所や荷物が重い場合はやや前傾姿勢で登ろうする足に
徐々に体重をかけて移動させてグッと登るようにするとスムーズに歩きやすくなります。
疲労困憊状態だと猫背になりやすいので、そういったときこそ
まっすぐな姿勢で歩くように意識します。

 

次に歩幅も大切です。
小さく細かく歩くことが足に負担がかかりにくく、
疲労も感じにくいのでおススメです。
登りの時に大きな段差があったとしても、
横周りして細かく登っていった方が楽に登ることができます。
大きく歩いて距離を稼ごうとするよりも、
細かく小さく登って行った方が後で疲れにくくなります。

 

山道では斜面が急になっているところが多いです。
そういった場所の登り方は、まっすぐ登るよりも
ジグザグに登って行く方が負担が少ないです。
まっすぐに登ると高度は稼げますが、ふくらはぎの筋肉に負担がかかったり
バランスを崩したり、靴擦れの原因にもなります。
ジグザグに歩くスペースが取れない場合は足をややがに股にして登ると楽に登ることができます。

 

歩くペースを考慮することも大切です。
最初のうちは、まだ体力も満タンでガンガン歩くことができますが、
最初に飛ばしてしまうと後でバテてしまいます。
歩くスピードの目安として息がハアハアと切れない程度、
おしゃべりができる程度が良いと言われています。
歩くペースも一定のスピードにすることで、長く歩くことができます。

 

山登りでは定期的な休憩が必要です。
50分歩いて10分休憩するというのが基本といわれています。
休憩時間はザックを下ろして座ったり、暑かったら上着を脱いだり、
寒かったり着込んだり、エネルギー補給や水分補給をします。
特に、ザックを長時間背負っていると、締め付けられて
血流が悪くなってしまっている状態なので、休憩時に解放してあげることが必要です。
軽く足や腕を伸ばしたり、ストレッチをしたり、深呼吸をしたりすることが、
長く快適に歩くコツと言えます。

 

登山中の足の負担を軽減するために活用したいアイテムが
トレッキングポール」です。
ヒザの痛みを抱える人にとっては必須のアイテムとなりますが、
疲労が出てきたときにもありがたいアイテムとなります。
また、足の負担を軽減する方法として、
膝を保護するテーピング効果のあるサポートタイツを使用するのも効果的です。
手の負担を軽減する方法として、登山中の手の位置を工夫することも
疲労を軽減するコツと言えます。
トレッキングポールを持っていない場合は、ザックの紐を掴んだり、
ショルダーベルトを持ったり、
腕を前に組んだりと定期的に手の位置を動かすようにすると、
手のむくみも解消できますし、楽になります。

 

山登りで一番大切なのは、長く歩くことです。
短い時間で終わるものではないので、長く歩くために歩くペースを一定にしたり
定期的に休憩を入れたりといった、最初から最後までペースが乱れないようにすることで
気持ちよく快適に山登りを楽しむことができると言えます。

 

⇒やまどうぐレンタル屋のレンタル方法はこちら

関連ページ

山登りのときに心構えすることはいくつかあります
【登山初心者のための格安登山道具レンタル】やまどうぐレンタル屋の手ぶら割クーポンを使えば、登山グッズを現地で格安レンタル、そのまま現地で返却!家から手ぶらで身軽に行けます!
トレッキング初心者が用意するべき持ち物とその選び方について
【登山初心者のための格安登山道具レンタル】やまどうぐレンタル屋の手ぶら割クーポンを使えば、登山グッズを現地で格安レンタル、そのまま現地で返却!家から手ぶらで身軽に行けます!
トレッキング初心者が心がけたいコース選びについて
【登山初心者のための格安登山道具レンタル】やまどうぐレンタル屋の手ぶら割クーポンを使えば、登山グッズを現地で格安レンタル、そのまま現地で返却!家から手ぶらで身軽に行けます!
夏の登山やトレッキングを行う際に注意しておきたいポイント
【登山初心者のための格安登山道具レンタル】やまどうぐレンタル屋の手ぶら割クーポンを使えば、登山グッズを現地で格安レンタル、そのまま現地で返却!家から手ぶらで身軽に行けます!
登山やトレッキングに欠かせない行動食はどういったものが適してるのか
【登山初心者のための格安登山道具レンタル】やまどうぐレンタル屋の手ぶら割クーポンを使えば、登山グッズを現地で格安レンタル、そのまま現地で返却!家から手ぶらで身軽に行けます!