夏の登山やトレッキングを行う際に注意しておきたいポイント

夏の登山やトレッキングを行う際に注意しておきたいポイント

 

夏の登山は、他の季節にはない山開きがあり、比較的長期休暇も取りやすい時期でもあるので
登山やトレッキングを行う人が多い季節でもあります。

 

標高が100メートル上がると気温が0.6度下がると言われています。
標高1000メートル付近となると平地より気温が6度低くなり、
平地の気温が30度の場合だと、1000メートル付近は24度となり、涼しく感じます。

 

そんな涼しい山ですが、山の天候は非常に不安定です。

 

夏の山で注意することは、天候が不安定なことで発生する「落雷」です。

 

雷注意報出ている時は登山やトレッキングは避け、
入道雲が現れると落雷の前触れと言われています。

 

夏の山では午後から落雷になる確率が高いので、
登山やトレッキングは早朝から午後1時くらいに終わるように計画を立てると良いです。

 

もし、途中でゴロゴロと来たら、姿勢を低くしてなるべく低い場所へ早急に避難します。
特に木の根本では落雷の衝撃を受けてしまう可能性が高いので
木の近くには近寄らないことです。
なので、晴れていてもレインウエアは必ず持っていくことです。
山の天気は不安定でいつ急変するか分かりません。
防水性があり、脱ぎ着しやすく動きやすいものが良いです。

 

それから、他の季節にはない夏ならではで注意することは「熱中症」です。

 

高山の日差しは強烈です。
こまめな水分補給と汗をかくことで奪われる塩分を補給することが大切で、
無理をしないことも夏山で登山やトレッキングを行う上で必要なポイントです。

 

また、夏の山は涼しいと言われていますが、
寒さを感じるくらいの温度になることもあります。

 

風速が1メートル上がると体感温度が1度下がると言われています。
標高1000メートル付近の温度が24度として、風速3メートルの風が吹いていたら
体感温度は21度となり、プラス汗をかいている状態なので、
体感温度は20度以下に感じてしまいます。

 

夏と言えども、寒く感じることがありますので、
暑いからと軽装で登山やトレッキングを行うと
低体温症に陥ってしまう可能性も有り得ます。

 

標高の高いところでは、夏と言えども防寒対策が必要です。
フリースなどの軽くてサラッと羽織れるものを入れておくことで
ちょっと寒くなったときの防寒対策にもなります。

 

また、夏の登山やトレッキングでは手袋は必須アイテムです。
暑くなるので手袋なんて必要ないと思うかもしれませんが、
山道を歩いていてつまずいて転倒した時、一番最初に手がつきます。
手の怪我を防ぐために手袋があると安心です。
軍手でも問題ありませんが、より安全性を求めるなら専門店で
登山やトレッキング専用の手袋を買っておくのが良いです。

 

山は涼しいからと夏の登山やトレッキングを行う人が多いですが、
夏こそ山の天候が不安定になりやすく
晴れていても急に曇って天候が変わることも多いので、
急な天候にも対応できるアイテムや
標高が高くなると気温も下がるので防寒対策できるアイテムといったものを用意すると
夏の登山やトレッキングを安心して安全に行うことができます。

 

 

⇒突然のキャンセル発生でもやまどうぐレンタル屋なら前日連絡で全額返金!

 

関連ページ

山登りのときに心構えすることはいくつかあります
【登山初心者のための格安登山道具レンタル】やまどうぐレンタル屋の手ぶら割クーポンを使えば、登山グッズを現地で格安レンタル、そのまま現地で返却!家から手ぶらで身軽に行けます!
トレッキング初心者が用意するべき持ち物とその選び方について
【登山初心者のための格安登山道具レンタル】やまどうぐレンタル屋の手ぶら割クーポンを使えば、登山グッズを現地で格安レンタル、そのまま現地で返却!家から手ぶらで身軽に行けます!
トレッキング初心者が心がけたいコース選びについて
【登山初心者のための格安登山道具レンタル】やまどうぐレンタル屋の手ぶら割クーポンを使えば、登山グッズを現地で格安レンタル、そのまま現地で返却!家から手ぶらで身軽に行けます!
登山やトレッキングに欠かせない行動食はどういったものが適してるのか
【登山初心者のための格安登山道具レンタル】やまどうぐレンタル屋の手ぶら割クーポンを使えば、登山グッズを現地で格安レンタル、そのまま現地で返却!家から手ぶらで身軽に行けます!
最初から最後まで一定のペースで山登りができるようにするために必要なこと
【登山初心者のための格安登山道具レンタル】やまどうぐレンタル屋の手ぶら割クーポンを使えば、登山グッズを現地で格安レンタル、そのまま現地で返却!家から手ぶらで身軽に行けます!